白内障のかすみ目が 一目瞭然W(ダブル) で野菜の多色で改善

白内障のかすみ目が 一目瞭然W(ダブル) で野菜の多色で改善 したので紹介したいと思います。

運転免許の更新が不安だった

私は70歳過ぎで岐阜県で暮らしています、若いころから健康そのもの。毎年受けている健康診断でも、全く異常のないことが自慢でした。

先日、70歳を迎える人向けのもので、運転免許の東新のため、講習や実地試験、視力検査などを受けるようにというはがきが届きましたあらためて年齢を感じるとともに、少し大丈夫かなぁ~という不安のいりまじった気持ちになりました。

視力検査と聞いて、ふと、昨年9月ごろからときどき目がかすむことを思い出しました。単なる疲れ目だろうと思い込んでいたのですが、念のため、前もって眼科で検査を受けてみました。

岐阜県では、生活に車は欠かせません。免許は生活を送る上でホントに大切なものです。都会のように電車などのインフラが整っていない分、自家用車がないと生活が成り立ちません。

眼科の検査は、以前は両目とも1.0だった視力が少し落ちていて、右目が0.7、左目が0.8 になっていたのです。医師からは、軽い白内障だといわれました。

自動車の運転免許は、両目の視力が0.7未満の場合、眼鏡などでをかけなくてはいけません。まだその必要はなかったものの、内心不安でした。

免許の東新までの期限は、3ヶ月ほどでした。視力がこれ以上落ちると、裸眼では東新できない可能性もあったので、何か対策を取らなければと思いました。

医師からは、目のかすみを防ぐ働きのある緑黄色野菜を多く食べるようにすすめられました。そのとき、医師の口からルティンという言葉が出たので、以前、ルティンのサプリをとっていたことを思い出しました。

私は2年ほど目に、眼病予防に役立つと、友人からルティンのサプリをすすめられました。しかし、目にこれといった異常がなかったので数週間とっただけでやめてしまいました。それなりに高価でしたし、サプリの効果は感じられませんでした。

両目の視力が「一目瞭然W」で1.0に戻った

今こそ、ルティンの出番だと思い、早速、ルティン「一目瞭然W」を購入し、1日2粒とりました。食事では生野菜を積極的にとり、運動不足にならないように散歩も行いました。天気が悪い日でも、家でルームランナー(室内用の運動器具) に乗りました。

その結果、3ヶ月後の免許の東新は無事に終わり、視力検査でも何1つ注意を受けずにすみました。

私の場合、可視力が両目とも1.0に戻っていました。車を運転できると、行動範囲が広がって助かります。買い物も車がなければいけません。安全運転のためにも、視力がいいに越したことはありません。

さらに、見え方がよくなったことも実感しています。ルティンをとる前は、ときどき目がかすんで新聞の文字が読みにくかったのですが、今はすっかり解消しました。70歳の今も、老眼鏡のお世話になる気配はありません。これもルティン「一目瞭然W」のおかげだと思っています。

高濃度ルテイン配合の一目瞭然Wはこちら。

Vision test
Vision test

ルテイン たっぷり 旬のかぼちゃ

ルテイン たっぷり 旬のかぼちゃ は疲れ目やドライアイといった目のトラブルや症状に悩まされる人にはルテインのサプリが定番ですが、当然、普段食べるものにもたくさんのルテインが含まれているものがあります。それが「旬のかぼちゃ」です。しっかり栄養成分が含まれたものを選ぶにはやはり旬のかぼちゃがおすすめです。

目のためにいい成分がたっぷり

ルテイン たっぷりの旬のかぼちゃ
ルテイン たっぷりの旬のかぼちゃ

秋~冬にかけてはどうしても野菜の供給量が急減します。そんな中、栄養価を保ったまま保存できる かぼちゃ はとても重宝されてきました。オレンジ色の果肉にはカロテノイドの一種ルテインが多く、光による損傷から目を守ってくれます。食物繊維も豊富でおなかの調子を整えるのにもとても役立ちます。
かぼちゃの健康効果は次の3つです。

健康効果その 1  豊富なルテインで目、肌、粘膜を守る

緑黄色野菜にはカロテノイドが豊富で、かぼちゃに多く含まれるのが現代人に大きなダメージを与える活性酸素から目や肌を守る成分、ルテイン。かぼちゃのカロテノイドのおよそ70%をしめ100g中1.5mg含まれる。

健康効果その 2  食物繊維が豊富で便通を改善する

かぼちゃは野菜の中でも食物繊維が多く、腸内環境を改善するのに役立つ。同じ食感のさつまいもに比べて1.5倍、キャベツの2倍の食物繊維が含まれる。

健康効果その 3  血糖値の上昇を抑える

かぼちゃに含まれる成分は肝臓での糖の生成を抑え血糖値の上昇を抑える。

かぼちゃについて

どうしても冬至のイメージがかぼちゃに根付いてしまっているために冬のかぼちゃと思われているのですが、旬は夏。昔から野菜が減る秋~冬にかけてビタミンの供給源として重宝されてきました。保存の間にさらに熟成するので色素成分のカロテノイドの量が増えるのも特徴です。
丸ごと3ヶ月ほど貯蔵した場合には、カロテノイドの効能は4~5倍になるといいます。

かぼちゃのカロテノイドは肌や粘膜を健康に保ち、美肌や風邪予防に効果的。当然、目にも良く、抗酸化作用により日々光によって受ける損傷からも目を守ります。

ルテインは、人間の体の中では目に多く蓄積され、目の奥の網膜を痛める原因となる青色の光を吸収して目を保護してくれます。

実際に目の中の脂質の酸化をどの程度抑えるかを見た研究でもかぼちゃは低濃度で酸化抑制効果があることが確認されました。これは加齢黄斑変性症といった網膜の病気に予防効果があるということです。

最近では、糖尿病予防にもなるという研究結果もでています。これはかぼちゃに含まれるトリゴネリンという成分が糖代謝を改善し、脂肪の蓄積を抑える効果がわかりました。現代人にはカロテノイドの摂取量も不足しているので、かぼちゃでどんどん良い成分を摂りたいですね。

選び方のポイントと保存方法

カットされているかぼちゃは、果肉の色が濃いものを選ぶようにするとカロテノイドの量が多く、また、種とわたが詰まっていてわたがとけていないものが新鮮。丸ごとなら皮に傷がないもの、皮が硬いものを選びましょう。

保存方法は、カットしたものは、種とわたをとってラップに包み冷蔵庫で保存すれば4~5日保ちます。丸ごとなら、常温で 1 ~ 2 ヶ月保存できます。

ルティンを上手に活用

かぼちゃ の効果アップ 食材

緑内障 視野が欠ける眼病

緑内障 視野が欠ける眼病 です。眼圧が上昇することによって視神経が侵され、視野が狭くなる目の病気です。

眼圧が上昇して 緑内障 を引き起こす

緑内障 視野が欠ける眼病
緑内障 視野が欠ける眼病

緑内障(りょくないしょう)は、眼圧が上昇することによって視神経が侵され、視野が狭くなる目の病気です。目に起こる病気の中では白内障とならんでよく耳にすると思いますが、ときには失明してしまうこともある恐ろしい病気なのです。緑内障の原因や症状の進行のしかたによってタイプはいくつかに分けられますが、どれにも共通しているのは「眼圧」で、これが病状に影響します。

眼球は丸いのですが、この形を保っていられるのは眼球自体に適度な張りがあるためです。この張りこそが眼圧です。眼球の中には房水(ぼうすい)という眼内液があって、これの量によって眼圧は決まります。よく「眼圧が高い」などといいますが、これは房水の量が多く眼球がパンパンに張ってしまっている状態のことです。房水は毛様体でつくられ、眼圧を保つのと共に角膜・水晶体の栄養補給をしています。毛様体から出てきた房水は、そのあと虹彩(こうさい)と水晶体の間を通り「前房」という空間に出て、最後はシュレム管といわれる小さな孔から排出されています。

だから、シュレム管が詰まったり圧迫されたりすると、房水は出口を失うことになり眼内にどんどん増えてしまい、眼圧が高くなるのです。すると、神経線維の束が圧力を受け、正常に働くことができなくなって、視野が狭くなったりします。

眼圧は、1日の間でも時間によって変わります。また、時期によっても変動したり個人差もありますが、眼圧の正常値は 10 ~ 20 mmHg であるとされています。この値を超えると緑内障になる危険が高くなりますが、正常の範囲内であっても緑内障にならないとは言いきれず、最近では正常眼圧型の緑内障患者も増えているようです。

眼圧の上昇と視神経

網膜の中心には明るさや色を感じる1億個もの視細胞があり、これらはたくさんの視神経につながっています。視神経は視神経乳頭という網膜の後方部分でひとつの束となって大脳へ伸びているのですが、神経線維は、この部分ではほぼ直角に折れ曲がるので、構造的にとても弱いのです。そこで、眼圧が高くなるとまず視神経乳頭が圧迫されます。

圧迫され続けた神経線維はやがて死んでしまい、視神経はもとにはもどりません。ですから、死んでしまった視神経とつながっている視細胞がどんなに視覚情報をキャッチしたとしても、それが大脳に伝わらず、視野が欠ける部分ができてしまいます。

こうして視神経の一部が破壊され視野が狭くなった状態を視野狭窄(しやきょうさく)といい、もしもすべての視神経が破壊されてしまうと失明することになります。

目のトラブルを知ろう

緑内障の症状が改善した体験談のリンク集