白内障のかすみ目が一目瞭然W(ダブル)で野菜の多色で改善

運転免許の更新が不安だった

私は70歳過ぎで岐阜県で暮らしています、若いころから健康そのもの。毎年受けている健康診断でも、全く異常のないことが自慢でした。

先日、70歳を迎える人向けのもので、運転免許の東新のため、講習や実地試験、視力検査などを受けるようにというはがきが届きましたあらためて年齢を感じるとともに、少し大丈夫かなぁ~という不安のいりまじった気持ちになりました。

視力検査と聞いて、ふと、昨年9月ごろからときどき目がかすむことを思い出しました。単なる疲れ目だろうと思い込んでいたのですが、念のため、前もって眼科で検査を受けてみました。

岐阜県では、生活に車は欠かせません。免許は生活を送る上でホントに大切なものです。都会のように電車などのインフラが整っていない分、自家用車がないと生活が成り立ちません。

眼科の検査は、以前は両目とも1.0だった視力が少し落ちていて、右目が0.7、左目が0.8 になっていたのです。医師からは、軽い白内障だといわれました。

自動車の運転免許は、両目の視力が0.7未満の場合、眼鏡などでをかけなくてはいけません。まだその必要はなかったものの、内心不安でした。

免許の東新までの期限は、3ヶ月ほどでした。視力がこれ以上落ちると、裸眼では東新できない可能性もあったので、何か対策を取らなければと思いました。

医師からは、目のかすみを防ぐ働きのある緑黄色野菜を多く食べるようにすすめられました。そのとき、医師の口からルティンという言葉が出たので、以前、ルティンのサプリをとっていたことを思い出しました。

私は2年ほど目に、眼病予防に役立つと、友人からルティンのサプリをすすめられました。しかし、目にこれといった異常がなかったので数週間とっただけでやめてしまいました。それなりに高価でしたし、サプリの効果は感じられませんでした。

両目の視力が「一目瞭然W」で1.0に戻った

今こそ、ルティンの出番だと思い、早速、ルティン「一目瞭然W」を購入し、1日2粒とりました。食事では生野菜を積極的にとり、運動不足にならないように散歩も行いました。天気が悪い日でも、家でルームランナー(室内用の運動器具) に乗りました。

その結果、3ヶ月後の免許の東新は無事に終わり、視力検査でも何1つ注意を受けずにすみました。

私の場合、可視力が両目とも1.0に戻っていました。車を運転できると、行動範囲が広がって助かります。買い物も車がなければいけません。安全運転のためにも、視力がいいに越したことはありません。

さらに、見え方がよくなったことも実感しています。ルティンをとる前は、ときどき目がかすんで新聞の文字が読みにくかったのですが、今はすっかり解消しました。70歳の今も、老眼鏡のお世話になる気配はありません。これもルティン「一目瞭然W」のおかげだと思っています。

高濃度ルテイン配合の一目瞭然Wはこちら。

Vision test
Vision test