白内障 レンズが濁ってかすんで見える

白内障 レンズが濁ってかすんで見える 眼病です。白内障 は、水晶体という透明なレンズが白く濁ることが原因となって視力の低下が起こってしまう目の病気です。

白内障になると、ものがかすんだように見えたり、ぼんやりとぼやけて見えます。高齢者がかかる病気というイメージがあるかもしれませんが、50歳ぐらいの働き盛りの人でも症状があらわれることがあります。

水晶体の中身は水分とタンパク質ですが、白内障の原因となる水晶体の濁りは、タンパク質の変化や水分量のバランスが崩れることによって起こります。水晶体が濁ってしまうと、光が網膜まで届かなくなったり水晶体を通過するときに乱反射が起きたりして、網膜で正しい像を結ぶことができなくなるのです。

水晶体の濁りのもととなるタンパク質の変化にはいろいろな原因がありますが、最も多いのは老化です。タンパク質は加齢とともに変化して白く濁っていきます。これが白内障の始まりなのですが、この変化はごく普通の老化現象であり、40歳を過ぎると徐々に始まります。そして、80代になれば水晶体に濁りがみられるのがあたりまえで、誰にでも起こることです。こうした加齢による白内障は、『加齢性白内障』といわれています。ただし、老化現象というのは人によって進行のしかたが違い、水晶体の濁り方にも差があります。割と早い時期から視力に障害が出てくる人がいるのに対し、濁る場所によっては、自覚症状がほとんど無いこともあります。

白内障 の 3 つのタイプ

白内障 レンズが濁ってかすんで見える
白内障 レンズが濁ってかすんで見える

 

水晶体は、中心部の水晶体核、そのまわりにある水晶体皮質、さらに外側にある水晶体嚢(すいしょうたいのう)という 3 つの部分からできています。そして、白内障は、水晶体の濁る場所によってタイプが分けられます。

それには3つのタイプがありますが、どのタイプも初期には異変を感じず、病気がある程度進行してから自覚症状が出てきます。また、タイプによって症状も違います。

中心の核が濁るタイプを「核白内障」といいます。水晶体が厚くなり屈折率が上がるので近くのものが見えやすくなったり、ものが重なって見えたり、暗くなるとものが見えにくいといった症状があります。次に、皮質が濁るタイプを「皮質白内障」といいます。光の乱反射が起こりやすくて、ものを見たときに強いまぶしさを感じたり、濁る部分によってかすんで見えます。続いて、水晶体の後ろの皮質、水晶体嚢が濁るタイプを「後嚢下白内障」といいます。このタイプでは、視力の低下が進行するのが速くなります。

これらの自覚症状に気が付いたとしても、老眼と勘違いしてしまい治療が遅れることもあるようです。老眼の場合には近くのものだけ見えにくくなるのですが、白内障には遠近どちらも見えにくいという特徴があるので覚えておくとよいでしょう。
目のトラブルを知ろう

白内障の症状が改善した体験談のリンク集

ものが歪んで見えてしまう加齢黄斑変性症

老化による目の病気

加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)は、年齢でいうと50代なかばくらいになるとあらわれはじめ、通常は女性より男性のほうが起きやすく、放っておくと失明の危険がある目の病気です。加齢黄斑変性症が起こる最大の原因は、目の老化であるといわれています。目の老化によって、網膜にある黄斑部の働きが悪くなるのです。

網膜はものを映し出すフィルムのような組織なのですが、解像力に優れていて、その中でも、ものを見るために中心的な役割をしているのが黄斑部です。黄斑部には、光や色を判別するのに必要な視細胞がぎっしり詰まっています。目の組織の老化が始まると、視細胞に栄養を与える網膜色素上皮(もうまくしきそじょうひ)が縮んでしまったり、網膜の外側にある脈絡膜にできた新生血管が網膜に入り込んでしまう状態になり、視細胞の働きを妨げます。

どちらの場合も加齢黄斑変性症を引き起こすのですが、網膜色素上皮が縮むタイプは萎縮型(いしゅくがた)といわれ、徐々に組織が傷んで、ゆっくりと視力が低下していきます。このタイプは今のところ治療法がないのですが、視力が急に落ちないこともあり、それほど問題視されてはいません。新生血管の影響によるタイプは滲出型(しんしゅつがた)といって、水分が滲み出たり出血したりして黄斑に障害が出ます。新生血管は、普通の血管と異なり弱くてもろいため出血しやすいのです。このタイプは症状の進行が速く、失明してしまう可能性もあるので問題となっています。新生血管のできた位置によって治療法は違ってきますが、主なものにはレーザー治療があります。

加齢黄斑変性症を防ぐには

加齢黄斑変性症を予防するポイントを知っておきましょう。滲出型の黄斑変性症の原因となる新生血管ができるのは老化現象のひとつですが、老化が始まっているすべての人に症状があらわれるわけではないのです。発症を防ぐために、いろいろな病気にかかりやすい50歳以上の人は特に、普段から次のような点に注意して生活しましょう。また、視野に異常がないかをチェックしましょう。視野が歪むのはこの病気の特徴的な症状で、マス目状になっている方眼紙のようなものを見ればわかります。

  1. 紫外線を避ける
  2. 禁煙する
  3. 生活習慣を改善する
  4. ストレスをためない

紫外線や有害な青色光で新生血管ができやすくなります。外出時にはサングラスをかけるなど、太陽光から目を守りましょう。
タバコは血流を悪くし、毛細血管に大きなダメージを与えます。いろいろな病気にもかかりやすくなるので禁煙するのがおすすめです。
食生活の乱れや運動不足の生活習慣を改善しましょう。食事では抗酸化物質を多く含む食品をとったり、サプリメントをうまく活用しましょう
ストレスは活性酸素のかたまりです。できるだけストレスをためないこと、たまったら解消することが大切です。

黄斑変性症の症状が改善した体験談のリンク集

高血圧が引き起こす視力障害

本態性高血圧と目の異常

高血圧のなかには、その原因が特定できない『本態性高血圧』というタイプがあります。高血圧の人のおよそ9割がこのタイプであるといわれています。そして、高血圧の状態が続くと動脈硬化が起こり、やがては目にも悪影響を及ぼします。

高血圧の状態では、血管の壁に負担が大きくかかります。血管の壁はそれに対応するために硬く変化し、動脈硬化を起こします。本来は透明なはずの血管の壁は、動脈が硬くなることで濁り、赤茶色っぽく変化していきます。動脈硬化が起こると網膜にある動脈も硬くなり、交差して走る静脈を圧迫します。

硬くなった動脈が静脈を圧迫すると眼外へ出ていく静脈血がうっ血して、毛細血管から網膜の中へ出血するようになります。この状態を網膜静脈分枝閉塞症(もうまくじょうみゃくぶんしへいそくしょう)といいます。また、網膜の静脈は視神経と一緒に眼外へ出ていきますが、ここで血流が悪くなると眼底の網膜全体に出血します。この状態は、網膜中心静脈閉塞症(もうまくちゅうしんじょうみゃくへいそくしょう)といいます。どちらも、高血圧や動脈硬化によって起こる眼底出血の代表的な症状で、50代以上の人にみられます。網膜の動脈にできた瘤(こぶ)が破れ眼底出血が起こる網膜細動脈瘤(もうまくさいどうみゃくりゅう)も、高血圧の老年者にみられます。

このような本態性高血圧による目の異常は、視力の低下や物がゆがんで見えるなどの症状を引き起こします。さらに網膜中心静脈閉塞症は、緑内障を引き起こすこともあり、処置が遅れると失明する危険もあるのです。

二次性高血圧と目の異常

なにかの病気の影響で血圧が上がるために起こる高血圧のタイプを『二次性高血圧』といいます。腎臓の病気が原因で高血圧の状態になっている人は、特に目の病気にかかりやすくなります。

この高血圧の状態が続いた場合には、動脈が刺激されて収縮し、ところどころに「くびれ」ができます。そのため動脈の血液の流れが悪くなり十分に流れずに、血管壁には酸素や栄養が不足します。すると血管は次第にもろくなっていき、やがては毛細血管から出血するようになります。そして、網膜には漏れだした血液のシミやむくみができ、視力障害が起きるのです。

こうした高血圧性の変化では、腎臓の機能が急激に悪化したりすると、視神経乳頭という神経線維を束ねる大切な部分が腫れ危険な状態になることもあります。

放置すると血管障害の原因になるにも書かれているとおり高血圧は放置すると全身の動脈に影響が及びます。冠動脈や脳動脈の血管が詰まった場合は、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしこれが死につながるケースもあるため注意が必要です。