目の疲労、病気を改善するルテインについて

現代社会は、非常に目がストレスを受けやすい時代です。高齢者が目の疲労や見えにくさといった不具合を感じるのはある程度は仕方ないかもしれませんが若い人も目の疲れや違和感を感じています。これまでは、高齢者に多かった白内障や緑内障もどんどん低年齢化してることや、まだまだこれから…という小学生が糖尿病でインスリンをうって血糖を調整しています。

公私ともにパソコン、携帯電話に依存した社会になり、オゾン層の破壊による紫外線の急激な増加などは、自覚しないまま目の疲労を増加させてしまいます。目をとりまく環境は、年々悪化しています。

こうしたたくさんの悪化した環境、ストレス、紫外線などからどうやって目を守ったらいいのでしょうか?まさにこの答えが抗酸化物質の摂取です。目にとって有効な食べ物を積極的に摂り、目を労ることが大切です。

緑黄色野菜や果物多くに含まれるカロテノイドはおよそ600種類あるといいますが、実はルテインもこのカロテノイドの仲間です。普段、私たちが摂取している野菜や果物に含まれているのは多くても40~50種類です。実際に体内で機能しているのは、数10種類程度です。
ルテインもそのひとつですが、体内では、特に目の組織に多く含まれているのが特徴です。
カロテノイドが抗酸化物質として生活習慣病に特に有効であることはよく知られていますが、ルテインの場合には、目の疾患を予防したり、改善したりするのにとても役立っています。
本サイトでは、このルテインの効果・効能について広く情報提供していきたいと思っています。

サプリが効率よく窃取できる方法ですが、サプリで摂取することに抵抗がある人などはかぼちゃをたくさん食べるのが特におすすめです。特に旬の冬のかぼちゃはルテインが豊富ですので目が疲れやすい、パソコンを長時間使う人には是非おすすめです。スーパーなどでは半分とか4分の1程度の大きさで売られていますが1日に4分の1個ぐらいを毎日食べると効果を自覚できると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です